分かりやすい、丁寧な記事を心がけています。
ブログのコンサルを受けてみた。

初心者ブロガーにコンサルは必要?実際に受けて感じた変化。

初心者ブロガーにコンサルは必要か。

初心者ブロガーの皆さん、こんな悩みありませんか?

  • ブログアクセス数が全然伸びない。
  • PV数は1日30いけばいい方で、全然見られない。
  • 自分が書いた記事で検索しても、その記事が全く検索エンジンに上がってこない。

私自身ブログを初めて1ヶ月強。
見よう見まねで記事を書いてきました。

直近1週間のおおよそのPV数は以下の通り。

  • PV数…約800

「あれ?意外と見られてるじゃん!」って思いました?
ですがこれにはカラクリが…

上の値をもう少し細かく分類してみると、

  • PV数…約550(Social)、約250(OrganicSearch)

ご覧の遠り、多くがSocial。つまり私の場合ですと、Twitterからの流入なんです。

検索エンジンからの流入は悲しいくらいに少ない結果となりました。1日平均すると約35PVですからね。泣

さて、話を戻して初心者にブログのコンサルは必要かということですが、結論から申しますとコンサルしていただいた方が良いと思います。

どうして、ブログのコンサルをお願いした方が良いの?

どうして?

私がお願いした方が良いと思う理由は3つです。

  1. 初心者は何のノウハウも持っていないため。
  2. 専門家の知識や知恵をお借りすることで、結果が出る可能性が高まるため。
  3. 自分のブログを客観視するのは難しいため。

有名企業や有名ブロガーさんたちが、ひしめいているインターネットの海に何のノウハウも無く飛び込むことを想像してみてください。無謀なことをしているように思えませんか?
私は飛び込んだ方の人ですが。笑

こんな無謀なことに挑戦しようと思ったら、一人で突き進むのは心細いですよね…
だからこそ、初心者ブロガーの方こそコンサルをお願いしましょう。
はっきりいって初心者があれこれ考えても何も始まらないし、できないんです。

子どもの頃を思い出してください。
自転車に乗る時、初めは両親に押してもらっていたのが、いつの間にか自分一人で乗れるようになったでしょう?(私だけかな…)

ブログも同じです。始めから一人で頑張る必要は無いんです。恥ずかしがらず、専門家に話を聞いてもらい、教えていただく方が断然効率が良いはずです!
専門家の見地から、自分では意識もしていなかった考え方や知識をいただくことができますよ。

私もまったくと言っていいほどブログ運営の知識は皆無です。ただ、漠然と突き進んできたので、当サイトがどのような状態なのか、何が足りないのかが客観的に把握できていませんでした。

とりあえず、検索エンジンからの流入が少ないということはSEO対策をする必要があるのかなぁというくらいの浅はかな考え方でブログのコンサルを受けようと決意しました。

ブログコンサルをお願いした「シンヤ」さん

今回初めて、ブログのコンサルを受講させていただきました。
お世話になったコンサルタントの方は、

シンヤさんの画像です。

シンヤ(25)  課長 in USA 」さんです。

シンヤさんは、アメリカの大学や企業でSEOを学ばれたプロの方で「海外SEOブログ」を運営なさっています。

Twiiterで他のブロガーさんがどんなことをしているのかを知りたくて徘徊していたところ、

まさかのこんなツイートが!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

即座にお願いさせていただきました。
DMで複数回やりとりをしたのですが、お願いしている身のこちらのスケジュールまで考慮してくださって本当に何から何まで優しい方でした(^-^)

ブログコンサル受講の感想とその内容

分かった!

まず受けてみての感想は「本当に無料でいいんですか!?」と言いたくなるくらい細かく、当サイトの記事内容を見ながら、電話で問題点をいくつもご指摘いただきました。
正直、私自身では全くといっていいほど意識もしていなかったところがたくさんあって、自分が何と浅はかな考えで記事を書いていたんだろうと痛感致しました。

さて、それでは一体どんな内容を受講させていただいたかを一部お伝えしたいと思います。

1.コンテンツのボリュームが足りない。

最初に大問題だと指摘されたのが、「コンテンツのボリュームについて」です。
私は文字数を書きすぎず、簡潔にまとめておいた方が読みやすいのではないかと考え、同手順の記事も分割して書いていました。

例)「〇〇をやってみようpart1」〜「〇〇をやってみようpart4」

この手法はSEO的に考えると完全にタブーになるそうです。
理由は、Googleの検索エンジンがタイトルを見て混乱してしまうから。

無理に分けず、1記事内で全て完結し、見出しで分けた書き方をすべきであるとのことでした。
その方が実はユーザビリティを考えても良いという教えをいただきました。

確かにタイトルだけ見ても、はっきり言って何が書いてある記事なのかが明確ではありません。
ましてや、見に来てくださる方にとってもどの記事を読めば自分の問題が解決するのかがわかりません。

ご指摘をいただいてハッとさせられました。

明確にタイトルや見出しを決めてから書き始めていなかったことが原因です。
タイトルを決める時点で、自分がその記事で何を伝えたいのか、そのためにどんな見出しが必要かを念入りに考えて構成を練っておけばコンテンツのボリューム不足になることはありえないのかもしれません。

2.マネタイズは考えているか。

マネタイズは?

2点目に「マネタイズはどう考えているか」ということ。
私、恥ずかしながら、「マネタイズ」なんて一切考えていませんでした。
収益が上がればいいなぁくらいの、ものすごい軽い気持ちでブログを書いていました。

“明確なビジョンの元、方策を練らなければ何も生まれない”ということですね。

マネタイズの方針がアドセンス収益をあげることなのか、アフィリエイトからの収益をあげることなのか。
どちらでいくのかで、目指すべき部分も変わってくると。

アドセンス → PV数をあげることが至上命題。そもそもの母数をあげなければ、収益化することは難しい。
アフィリエイト → 特定の方の悩みについて分析し、訴求するのが至上命題。あくまでも「成果」を出すことが目的なので、多数に読んでもらう必要はない。

もちろん、最終的にはしっかりPV数を確保でき、アドセンスとアフィリエイトの両輪を回せると良いのでしょうが、正直まだまだそんな大それたことはできそうにないので、明確にビジョンを立てようと思います。

コンサルを受けたおかげで、私自身では意識したこともなかった、「マネタイズ」の方針を決めることができました。

3.カテゴリの分類法

3点目に「カテゴリの分類」についてです。
カテゴリをどう分ければ良いか、まったくもって分からなかった私。
当然のごとく、1つの記事を2つのカテゴリに分類していました。

“これにもこれにも該当するからどっちにも入れておこう”とか
“とにかく複数のカテゴリに入れておいた方が、どこからでも見れるから良いはず”とか
何も考えず、感覚だけでカテゴリ分けをしていました。

これもSEO的に見ると完全にタブーだそうです。

シンヤさんに理由を言われてすごく納得しました。

2つのカテゴリに入っているということは、同じタイトル、同じ内容の記事が、2つの階層にあるということになる。同内容のコンテンツが2つあった場合、検索エンジンが混乱する原因になってしまうとのことでした。

実際はわかりませんが、もしかすると同じ内容の記事が2つもある時点で価値のないコンテンツとして見なされてしまう可能性もありそうです。
皆さんも2つのカテゴリに分けるのはやめておきましょう。(←こんなことしてるの私だけかな…)

4.記事内容の選定について

どう選択する?

4点目に「記事内容の選定について」です。
私は記事内容を選定する際、自分が書きたいことを書いていました。

もちろん自分が書きたいことを書くのは悪いことではないのですが、そこに何の戦略もなかったことが問題でした。

シンヤさんに言われたことは「まず何を狙って記事を書いているのかが分からない」ということです。
私は戦略もなくただ書きたいことを書いていただけだったので、そもそも何も狙っていませんでした。

最近になって初めたのは、キーワードプランナーで検索ボリュームと競合性を見て主題を決め、
関連キーワード取得ツールを使って副題を考えて記事内容を書くという手法。

一般的な方法だとは思いますが、何せ付け焼き刃。
どれを記事内容にすれば良いのか皆目見当がつかないので、出てきた中から自分が書けそうな内容で記事を書いていました。

今回、シンヤさんに詳しく見ていただいたところ、テーマとしては検索ボリュームもあって”狙い目”なワードもあるとのこと!
そのワードを利用して、いくつかの記事タイトルと内容のサンプルまで考えていただけました。

記事内容の狙い方としては、検索ボリュームが1万程度あるところで競合があまりいないところだそうです。
私はとりあえずたくさん検索されているのが良いだろうと思い込んでいました。
意外と初心者ブロガーさんなら同じような考え方の人もいるのではないでしょうか?

このまま何も知らず検索ボリュームだけで記事を書いていたら永遠に失敗し続けるところでした。

5.狙ったキーワードは必ず最初のセンテンスに入れる。

5つ目にご指摘いただいたのは、「キーワードを必ず最初のセンテンスに入れる」ということです。

私はいつも記事の書き初めに「皆さんどうもyukilaboです!」という一文を入れていました。

いくつかのブログを勉強のため拝読させていただきましたが、ほとんどの方が書き始めにこのようなワードを入れていたからです。
ですが、この書き始めは良くないとのことでした。

検索エンジンは1行目を重要視している可能性が高いため、書き始めはキーワードを入れた文章にするべきだということでした。

確かに、そもそもGoogleは英語圏の会社ですから、結論から書き初めることを重要視している気がします。

日本語は「〇〇だから△△だ」というように結論を後に持ってきますが、
英語だと「△△ because 〇〇」というように最初に結論が出てきますもんね。

でも、これ意外とやっている方ってたくさんいるのではないでしょうか?
「最初のセンテンスに必ずキーワードを入れる!」
実践していきます!

広告

さて5つほどあげてきましたが、無料でここまで内容の濃いコンサルを受けさせていただきました!
もちろん上記以外の問題点もいくつかご指摘いただきましたが、そこは秘密にさせてください。笑

もしかしたら、今後の記事の書き方とかサイトの作りとかで気づかれるかもしれませんが…

あなたもコンサルを受けてみては?

さて、一番はじめに聞いた「悩み」。どれか一つでも当てはまるなら、コンサルを受けることをオススメします。
すでに自らの方法を確立しているのなら別ですが、初心者ブロガーでそこまで確立できている人はほとんどいないでしょう。
多くの人が、色々な悩みを抱えているはずです。

ただ悩み続けて止まっているか、一歩踏み出してコンサルを受けて改善していくか。
どちらの選択が正しいのかは一目瞭然ではないでしょうか。一歩踏み出す勇気を持てば、きっと何かが変わるはずです。
私自身、今回コンサルを受けさせていただいて自分自身の意識が2つ変わりました。

  1. 「タイトル、見出し、まとめ」などの構成をしっかりと練ってから記事を書き始めること。
  2. 何も考えずに漠然と記事内容を決めるのでは無く、他の人が何に迷っているのか困っているのかを考えて内容を決めること。

さらに、既存記事やページの構造についての修正点もいただきましたので、まずはそこを修正・改善していきたいと思います。

インターネットやnote等を探せば、確かにいくつかの手法は出てきます。
もちろん、そこに書いてあることも実践例としては正しいですが、あくまでも汎用の話。

コンサルは、誰かに当てはまるあなたに当てはまる方針を共に考え、導いてくれるということです。

さて、あなたはどうしますか?

最後に

コンサルをお願いした「シンヤさん」は、私のような、無知すぎる人間にも懇切丁寧に教えてくださいました。

今も無料コンサルをやっているとは限りませんが、本当にオススメです!

すでに多くのブロガーの方もたくさんお願いなさっていると思いますので、善は急げです。

シンヤ(25)  課長 in USA 

私は、シンヤさんに受けたコンサルを元に、今後私自身の結果として還していけるように頑張りたいと思います!
もう少し時期が経ったら、またお願いしたなぁと思うyukilaboでした!!

広告
ブログのコンサルを受けてみた。
興味を持ったら是非!!
広告