分かりやすい、丁寧な記事を心がけています。
プログラミング学習

テクノロジア魔法学校のプログラミング教材としての価値はどれくらい?

  • 2019年1月7日
  • 開発
  • 201view

「ディズニーテクノロジア魔法学校」とは…

さて、まずは「ディズニーテクノロジア魔法学校」とは何かということからお伝えしていきます。

ディズニーは皆様ご存知ですよね!

そんなディズニーが今回面白い試みとして始めたのがこの「ディズニーテクノロジア魔法学校」。

公式の動画があるので、貼っておきます。

これは、ディズニーの世界観の中でプログラミングを学習しようというものです。
大人も子どもも楽しくプログラミングを学ぼうというのがテーマになっています。
10以上の作品からディズニーキャラクターが登場するとのことです!

発売開始は2018年5月中旬。最近では無いですね。笑
価格は一括で138,240円分割(13回)払いで月々10,600円

これを安いとみるか、高いとみるかは意見が分かれそうですね…

一般的に大人向けのエンジニア育成塾とかに入るとなると、だいたい1ヶ月で150,000円前後。
子ども向けのプログラミング教室とかだと、レッスンが細かく分かれていて長期間かかり、年会費が15,000円、月謝が10,000円前後。

こうやってみると、「テクノロジア魔法学校」は比較的良心的な価格のようにも思えます。
ただ、正直何を目的とするかという点で考えた方が良いですね。

純粋に仕事としてシステムエンジニアになりたいのであれば、エンジニア育成塾に入った方が確実に成長できます。
理由は3つ。

  • 学習しながら、実際にWebサイトの構築ができる
  • 自分が作りたいサイトに直結した言語の学習ができる
  • メンターがついてマンツーマンでの指導を受けることができる

上記から、大人の方にはあまりオススメはできないです。

ただし、親が子どもと一緒に学習する教材としてはオススメです。
こちらも理由は3つ。

  • あらゆる言語を少しずつかじることで、将来的に生かせる可能性がある
  • ゲーム感覚で学習することができるため、飽きることなく達成感を味わいながら進められる
  • パソコンさえあれば、時間にとらわれずいつでも学習できる

子どもだけが学習するプログラミング教室よりも、親と一緒にやっていくことの方が子どもにとっての学習意欲や理解度が高まるのは当然かと思います。

テクノロジア魔法学校では、何が学べる?

PCをいじる少年

それでは実際に、どんな内容が学べるのかを見てみたいと思います。
テクノロジア魔法学校では大きく3つに分類をしています。

  1. メディアアート
  2. ゲーム制作
  3. Webデザイン

ご覧の通り、学べることは主に「見える部分」についてです。いわゆるフロントエンドというものに近いですね。

もう少し細かく見ると、学習できるのは、
メディアアート、ゲーム制作では以下の2言語。
「Processing」… 電子アートとビジュアルデザインができる
「Shader」… 3D処理を行うことができる

Webデザインでは以下の3言語。
「HTML5」… Webサイトの構造/骨組を決める
「CSS3」… Webサイトの装飾を決める
「JavaScript」… Webサイトの動きを決める

私は、「HTML5」「CSS3」や「JavaScript」はメジャーな言語なのでコードを書くことはできますが、正直「Processing」や「Shader」という言語は触ったことがありません。

なぜなら、私が生業としているのはサーバサイド言語と言って、目に見えないデータの処理等をメインに扱う言語だからです。プログラミング言語は主要なものはもちろんありますが数百種類あると言われています。

しかし、子どもにいきなり目に見えない部分を作れというのは酷なので、まずは目に見える部分が自分が書いたコードで動くというのは感動的なことだと思います。

親子で学習する言語としては、しっかり選定されていて非常に良い商品だと言えます。

それでは、いざテクノロジア魔法学校へ!

テクノロジーをみる少女

オープンキャンパスが無料でできるので、いざ体験です!!

え…!?

オープニングからすでに相当作り込まれたムービー。
ディズニーの世界観がたくさん出ていて、ディズニー好きにはたまらないです!!

流石世界のディズニーともいうべき作りです…

ストーリー形式

細かく書くのはネタバレになってしまいますので、ストーリー自体については言及しません。
是非自分で試してみてください!

ただ、ストーリー形式というのは面白い…
自分がディズニーの世界で主人公として進めていく形式のようです。

気づいたらどっぷり集中してしまっている…
これ相当面白い気配が漂っているなぁ。

ゲーム要素満載

経験値とかもあって、本当にちょっとしたRPGのような感じです。

しかも、子どもが使うことも想定してかプログラミングというより、パソコンの使い方みたいなところからレッスンをしてくれる。(飛ばすことも可能です)

レッスンを達成すると経験値がもらえてレベルアップ!
子ども心をくすぐる作りですね!!

難易度はどれくらいか

最初はプログラミングというよりも、パソコンの使い方のような感じで驚くほど簡単です。笑
しかし、メディアアート編に入ると急に様相が変化します。

正直な感想は、子ども一人でやるのは難しいと思われます。
そもそも、漢字自体が難しくふりがなも無いので、低学年・中学年くらいだと、その時点で難しそうです。

というより、そもそもこの教材は1人でやる場合、12歳以上の学習を想定しているようなので当然といえば当然でしょうか。

ただ、メディアアート編に入った後の急激な難易度アップは中々難しいと思います。プログラミング言語なので、当然英語でコードを書く必要があります。12歳未満でやる場合には確実に親の補助が必要になるかなぁという感じです。

オープンキャンパス特典

現在、無料でオープンキャンパスを行ないことができますが第1章の途中までを修了すると、その特典として以下のものがもらえます。

  1. 3,000円OFFクーポン
  2. 抽選で100名にオリジナルポスター or セル画

無料で体験が出来て、かつ気に入って製品版を続ける時に使える3,000円OFFクーポンが付いてくるので、もし子どもにプログラミング学習させようかなぁと思っているなら、試しにやってみると良いかもしれません!!

以上。
yukilaboでした!!

広告
プログラミング学習
興味を持ったら是非!!
広告